愛馬近況更新(2016.7.22)

ノルマンディーOC公式サイトにて2歳馬の近況が更新されました。
今週は美浦トレセン在厩馬3頭の近況が更新されてます。

・シュエットヌーベル(2016.7.22 美浦トレセン 馬体重:—kg)

ノルマンディーファーム小野町で調整され、先週16日(土)に美浦・伊藤圭三厩舎に入厩しました。

「現在は試験に向けて、ゲート練習主体の調整をおこなっています。なかなか従順な性格で物覚えも早いようですので、すぐに合格できそうです。また、日頃は坂路だけでなくコースでの調教も取り入れて進めていますが、現状からは体力面で少し課題が残りますね。血統面や走りからも短い距離に向くタイプとはいえ、もう少し基礎体力を強化させたいと考えています。ひとまず2回新潟開催の後半デビューを目標に、ジックリと乗り込んでいくつもりです」(伊藤圭三調教師)

予定通り入厩したようですヽ(=´▽`=)ノ
ここ1~2ヶ月の近況報告から見えてくるところは
1)気性はいい、むしろおとなしい。
2)体力不足
強調されているのはこの2点でしょうか。
きっちりと追い切れるようになるまではもう少しかかるようですね。
2回新潟後半との目標設定がされました。
9/4(日)にダート1,200mの新馬戦があります。
というより、ダートの短距離はここしかありません^^;
恐らくここに合わせてくる馬が殺到してくるでしょうから、今後の調教次第ですが、一度芝でおろしてからということも考えられそうです。

  
・ホワイトファング(2016.7.22 美浦トレセン 馬体重:—kg)

20日(水)に坂路コースで4ハロンから0.7秒追走して併せ、54.1-39.1-25.9-13.4を馬ナリに追い切りました。「追い切りの動きはGood Action。出掛けに少し硬さは感じさせますが、入厩当初は気になっていた左前中筋の状態も含めて、脚元もノープロブレムです。調教の動きからは豊富なスピードを武器に競馬するタイプに映りますので、将来的にはより短い距離を得意とする競走馬になるかもしれませんね。この後の動きや状態次第で決めたいと考えていますが、来週から始まる2回新潟開催の二週目以降、芝1400mまたは1600mでデビューさせるつもりです」(牧光二調教師)

「追い切りの動きはGood Action」って、英字表記ですよw
牧センセ、そんなに発音良いんでしょうか?ww
ノープロブレムはカタカナだからやっぱりGood Actionは英字で書きたくなるくらいネイティブだったんでしょう^^

こちらも先週の予想通り目標設定されましたね。
芝の千四、千六は番組豊富です。
マイルで使って欲しいけど、千四で使うことになりそうな気がします。
  
・ディバインコード(2016.7.22 美浦トレセン 馬体重:—kg)

★7/17(日)福島・2歳新馬(芝1800m)柴田善臣騎手 結果2着

「色々と兼ね合いがあって2頭出しさせていただいたのですが、もう1頭がディバインを負かすとは想像できませんでした。期待の大きい馬で1番人気の指示を受けていましたので、期待に応えられず申し訳なく思います。スタートはひと息だったもののダッシュが利いてすぐに前に取り付いてくれたようにスピード能力は示しました。ただ、道中は力んでいましたし、やはり距離はもう少し短い方がベストかもしれませんね。おまけに装鞍の際にかなりイレ込んでしまったので、精神面の成長も促したいと思います。一度使ったことで更に気持ちが入ってくるでしょうし、そのあたりは注意が必要でしょう。今のところ、このまま在厩で調整したいと考えており、8/7(日)新潟・2歳未勝利(芝1600m)に向かう予定です」(栗田博憲調教師)

当然のごとく続戦です。
次回は確勝を期してということになりそうです。
ここはきっちり勝って新潟2歳Sに駒を進めましょうヽ(=´▽`=)ノ

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(0)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。