レイヴンキングも脱北

昨日は月中の北海道在厩馬の近況更新がありました。


3歳馬


・セルヴァ(2018.5.15 オカダスタッド 馬体重:ーーーkg)

現在は舎飼にとどめて経過観察を行っています。引き続き馬房の中で安静にさせていますが、与えた飼い葉をペロリとたいらげているように食欲は旺盛です。
月内には右前膝のレントゲン検査を実施し、獣医師のアドバイスを受ける予定です。


もはや「以下同文」でも良いのではないかというほど先月ママ。
月内のレントゲンで異常なく、かつ運動再開しても何もないことを願うばかりです。



2歳馬


・レイヴンキング(2018.5.15 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:ーーーkg)

今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくことになり、12日(土)に移動しました。
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しており、この後は様子を見ながら騎乗運動開始のタイミングを図っていく予定です。


ギリ先週の更新に間に合わないタイミングで小野町に移動してました。
ルルド(イズミコマンダーの16)と一緒の移動になりましたので、しばらくは彼が調教パートナーということになりそうです。
フェアリースキップと違い、こちらは移動の根拠も明確ですし動きもなかなか良さそうですので、順調に夏の福島~新潟あるいは北海道開催でのデビューが目指せるかと思います。
今週末からの更新が楽しみですね^^



・ラヴィブリランテ(2018.5.15 ノルマンディーファーム 馬体重:ーーーkg)

この中間も馬場1周と坂路2本のメニューで調整を進めていましたが、8日(火)に右前脚を捻挫して腫れているのが確認されたため、現在はパドック放牧にとどめて様子見しています。
おそらく調教中に捻ったようですが、腫れは徐々に引いてきたので、近日中には運動を再開できる見込みです。
休養前の調教では、まだペースこそ上げていないものの、中身がしっかりしていることから、小野町への移動も見据えていました。
予定は少し先延ばしになりますが、この後の調整が順調に進めば再度検討していくつもりです。


今回の更新で唯一中身のある内容でしたが、残念ながら頓挫の話^^;
やはりしっかりしてたらレイヴンくんと共に移動だったのかもしれませんね。
ワンクッションおいたこの後は順調に進んでもらって小野町の渋滞が始まる前に移動してくれれば良いかなと思っています。




これで北海道に残すはラヴィブリランテと療養中のセルヴァだけになりました。
今年の2歳馬に関してはそれなりに早めの動きになっていて、どうやら秋までには全頭デビューできそうです。
その前に1頭追加しようかどうしようか、、、、ひじょ~~~うに悩んでますが、今週末出走する2頭の結果を見てから考えます^^

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(3)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。