ホワイトファング5着

ホワイトファング、デビュー戦5着でした。

★8/7(日)新潟・2歳新馬(芝1400m・混)木幡巧也騎手  結果5着

「スタートの良さ、二の脚、折り合いなどレースセンスは相当高いと思います。いいスピードもありますしね。走りが大きいので、芝でもダートでも、もう少し長い距離でも柔軟に対応してくれそうです。追い切り本数をこなしてきた割には、まだ息が足りていなかったので、次走は上積みが見込めると思いますよ」(木幡巧也騎手)

新馬戦としてはかなり珍しいハイペースで前の馬が軒並み沈んでいく中、最後まで喰らいつきましたがもう少しのところで馬券圏内を逃しました。
あのハイペースで終始3番手につけながらの掲示板は立派だったと思います。
  
同じく本日小倉でデビューしたノルマンディー2歳世代のシシオウも惜しくも2着。

★8/7(日)小倉・2歳新馬(芝1800m・混)松山弘平騎手 結果2着

「スタートも上手で、すっとスムーズに2番手につけられました。初めてのレースでも調教の時同様の良い動きができていたのに加え、レースセンスがあるところを見せてくれましたね。距離も問題なくこなせていましたし、今日は勝った相手が一枚上手でしたが、この動きができるならいつ順番が回ってきてもいいと思います」(松山弘平騎手)

勝馬とは単純に位置取りだけの差でしたね。
上がり3Fのタイムも36.0で同じ。
今回は勝ち馬が強かったということでしょうが、こちらも次回期待です。

そして、本世代の最初の勝ち上がりは来週の我がシュエットヌーベルに託されることになりましたヽ(=´▽`=)ノ

新潟のメイン「レパードS」は、私より一年早く一口を始めた幼なじみの初出資馬グレンツェントが堂々の重賞初制覇!

グレンツェント@ユニコーンS

グレンツェント@ユニコーンS


前走のユニコーンSは一緒に東京競馬場で応援させてもらいましたが惜しくも3着。
今回は強い競馬で見事に差しきり。
戸崎とユタカの叩き合いは見応えもあって、ナイスレースでした。

初出資馬が重賞制覇とはうらやましい限り。
私も続きたいものです^^

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(1)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。