シュエットヌーベル4着

シュエットヌーベル2走目、初戦から変わり身を見せ頑張りましたが残念ながら4着でした。
パドックも高気配、馬体重+12は成長分と体調の良さの証左でしょう。
かなり深いBLを装着して、完全に単走で走るような形にしてくれた陣営。
何とか結果を出そうという想いがしっかり見えました。

木幡兄も指示通り好スタートを決めてくれました。

シュエットヌーベル@好スタート

シュエットヌーベル@好スタート


が、行き脚が付かないところをみると、やはり芝スタートが良くないんだろうなと思います。
3コーナー辺りまでは5番手を追走。
外々で走っているので、今回は嫌がる様子はなくしっかり付いていっていました。
シュエットヌーベル@3-4コーナー

シュエットヌーベル@3-4コーナー


コーナーワークで直線入り口では3番手までに上がり、そこから2番手を伺おうかというところで上位2頭が抜け出しました。
シュエットヌーベル@直線3番手

シュエットヌーベル@直線3番手


しっかり3番手で追っていましたが、残り100で3着馬にかわされそのまま4着でゴール。
シュエットヌーベル@かわされ4着

シュエットヌーベル@かわされ4着

しかし、今回は最後までちゃんと走れましたし、直線もしっかり数頭分開けて単走状態を確保して追っていたので、今回はこれが最上の結果だったということだったと思います。
やはり芝では行き脚がつかないこともわかりました。
レース後の状態を見てということになると思いますが、権利も取れましたし脚元に何も問題が見られなければこのまま続戦ということになると思いますので、次回は東京1300あるいは1400を使ってみてほしいと思います。

★10/23(日)新潟・2歳未勝利(ダ1200m・牝)木幡初也騎手 結果4着

「理想はハナでしたけどね…。ポンっとスタートを出てくれましたが、内の速い馬を意識してか二の脚がつきませんでした。揉まれず、砂を被らないポジションを取り、流れに乗るために脚を使ってしまったのが、最後の直線に響きましたね。1000~1300m戦でハナを切る競馬が出来れば、十分にやれそうですよ」(木幡初也騎手)

何はともあれ、シュエットちゃん、陣営のみなさま、お疲れさまでしたヽ(=´▽`=)ノ

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(5)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。