2歳馬近況更新(2016.11.11)

今週もノルマンディーOC公式サイトにて所属馬の近況が更新されました。

・テオドルス(2016.11.11 大瀧馬事苑 馬体重:514kg)

「現在はダートコースでキャンター3600mを16~18秒ペースのメニューで調整しています。この中間は15-15の時計消化を2本おこなうなど昨日まで順調に調整できていましたが、今朝、38度後半の熱発をしてしまいました。風邪の症状ということで、これ以上悪化しないよう処置しています。週末までは治療を継続し、来週から乗り運動を再開する予定です」(担当者)

今週も先週に引き続いてモヤモヤする内容です。
先週の球節の件は何事もなかったかのように既述はないし、そのかわり(?)今週は風邪と。。。
まずは、テオくんが元気に前に進んでくれるよう祈ります。



・シュエットヌーベル(2016.11.11 松風馬事センター:伊藤圭三厩舎 馬体重:ーーーkg)

★11/5(土)東京・2歳未勝利(ダ1300m・混)山本聡哉騎手 結果14着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、8日(火)に移動しました。

「スタートの部分は芝でもダートでもあまり変わりないようですね。ポジションを取りに好位へ上がって行く脚には見どころがありましたが、並びかけて終わってしまったように、他馬を気にし過ぎる精神的な部分が大きく影響しています。スンナリと前へ行けないと脆く、揉まれ弱さも解消させていかなければ走りが安定してこないでしょう。次走に向けては調教でもそのあたりを重点的に鍛えていくつもりです。中一週での競馬はさすがに堪えたのか、背腰に強い張りが残っていますので、ひとまずは短期で近郊に出して回復を図りましょう。次走は12/17(土)中山・2歳未勝利(ダ1200m・牝)を目標に考えています」(伊藤圭三調教師)

一旦短期で放牧に出されたようです。
次走の目標も明示されてますので、馬体のダメージはさほど大きなものではないと思います。
現状、認識されているウィークポイントは1ヶ月で解消されるほど簡単なものではありませんが、伊藤師のここまでを見ているとこの先もしっかり勝ち上がりに向けた施策は打ってくれると思いますので、来年初夏辺りまで長い目で見ていきたいと思います。



・ダイバージェント(2016.11.11 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:469kg)

現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペースのメニューで調整中です。
馬場状態次第ですが、今週末に終い15秒を切るくらいの時計消化を行う予定でいます。
調整のペースアップにも対応できているものの、ムキになって走るのは相変わらずで、併せ馬でも相手に噛み付こうとする素振りを見せています。
ただ、普段からうるさいところがある馬ですから、ボケッとしているよりはいいでしょう。
今後は入厩に向けて更にペースアップを図っていく予定です。

しっかり調教できて、ムキになって力んでても馬体は減ってないということは字面の反面、順調ということだと思います。
普段からうるさいというのは初めて聞きましたが^^;
それでも、他の2頭の現状からすると微笑ましく感じます。
来週には具体的な入厩スケジュールも出てくると思いますので、引き続き頓挫なくがんばって頂きたいです。




もう、テオドルスについては(恐らく)クラブ側も我慢してる以上、しばらく何もいいません。
年内に入厩できたら御の字でしょう。
懇親会で色々話が聞けたらなと思っています。

この記事はいかがでしたか?
  • ♥いいね!(2)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。