MY愛馬

今年度から、ノルマンディーオーナーズクラブ所属馬に出資しました。
前回書いたように、当面は他クラブでの出資は行わないつもりです。
更に、投資目的ではなく一口で大きく儲けようという考えもないため(もちろん回収はきちんと考えますよ^^;)、自分の中である程度ルールを設定しました。
1)年度の出資頭数は4頭まで。
2)2頭目までは牡馬・牝馬1頭ずつとし、現地応援しやすい関東馬にする。
3)募集総額1,500万円以下の馬とする。
以上の三点です。
縛りを付けなくてもムリな時はムリなもんですが、ルールを決めとかないと時折衝動的にタガが外れてしまうもんでww
最近は若いころに比べたら抑えが効くようになってるんですがね^^;

そんな感じで選んだ二頭がこちらです。

1)テオドルス
牡(父:マツリダゴッホ × 母:デオ(BMS:フサイチコンコルド) 所属:美浦・木村哲也厩舎)

テオドルス

テオドルス

 女傑ウオッカの半妹にあたる母デオは、姉と同じく角居勝彦厩舎からデビューし、芝1600mで勝利を挙げるなど、スピード能力の一端を見せました。底力 が豊かなことでも知られるこの母系は、ウオッカ以外にも桜花賞に出走した祖母タニノシスター、ダート短距離で重賞ウイナーになったスリーアベニューなど個 性派揃い。母の第3仔となる本馬も、薄手のスタイリッシュで洗練された造りで、筋肉の質も良く、早くも名門の血を継承していることをアピールしています。 また放牧地でも効率よく体が使えるなど、並々ならぬ素質を感じさせています。

まず、目についたのがこの馬。
何と言っても、母がウォッカの半妹
ここまでウォッカの兄弟姉妹や甥姪に大きな活躍馬は出ていません。
この馬の半兄「デオグラシアス」は出資時未出走でした。(その後デビュー元未勝利・今週末出走します)
なので、募集総額960万円とかなりお手頃です。
父はお兄さんから変わってマツリダゴッホ。
父がゴッホに変わったことで、芝よりの血統構成が明白になったと思います。
ノルマンディーの募集馬の中では比較的少ない芝馬でしかも牡馬です。
近親に活躍馬がいないとはいえ、母の血脈や父の実績を考慮すると、いずれは爆発する可能性が十分あるとみました。
マツリダゴッホは実際に一世代上にロードクエストという重賞馬を送り出しましたしね。
牝系との組み合わせによってはもっと上の馬が出てきてもおかしくないと思っています。
それがこの馬だったら良いなぁと思っています。
募集時~この春までは馬体も非常に寂しく映りましたが、ここ2ヶ月ほどで急激に良化していると思います。
育成もここまで頓挫なく順調ですし、このままの成長曲線を描いてくれれば多少は夢が見られそうな気がします。

2)シュエットヌーベル
牝(父:スマートファルコン × 母:クイックメール(BMS:タイキシャトル) 所属:美浦・伊藤圭三厩舎)

シュエットヌーベル

シュエットヌーベル

 母クイックメールは新馬勝ちを飾るなど、ダート1200~1700mで幅広く活躍。繁殖牝馬としても初仔のワインシャワーが3歳春の時点で2勝するなど、上々のスタートを切っています。第3仔となる本馬には、交流重賞を19勝(G1-6勝)したスマートファルコンを配合。上の立ち写真を見てもらえれば、ダート界を席巻した父を彷彿とさせる栗毛の好馬体の持ち主であることは一目瞭然で、ボリューム感に溢れた筋肉を備えた後躯は、決して牝馬とは思えないほどです。父のようにスピードとパワーを武器に、交流競走の常連に育てていきたい逸材です。

もう1頭目についたのがこの牝馬。
こちらは単純に馬体が目に飛び込んできました。
とにかく全募集馬の中でも一際目を引くムキムキぶりでした。
お姉さん(パラヴィオン 現:地方佐賀競馬)は残念な結果に終わってしまいましたが、この馬はテオドルスとは反対に、父がスマートファルコンに変わった事で「ダート一本」の潔さを感じます。
牝馬のダート馬ということで勝ち上がってもレース選択が難しくなる恐れはありますが、そんなことも杞憂になる程とてつもなく強いダート王者になってもおかしくないような気配が馬体からは伺えます。
既に外厩(ノルマンディーファーム小野町)に移動しており、まもなく入厩になるかと思います。
夏デビューだとデビュー戦を見に行けない可能性も出てきますが、それでも今から楽しみです^^

現時点では上記二頭のみの出資。
2・3・4時募集は見送り、5時募集はかなり惹かれてる馬もいますが、まだ迷っています。
実は今年は初年度で流石にこれでは出走回数も少なくちょっと退屈しそうなのでちょっと特別にルールを曲げて、これ以外にも「スターズファンド」という1/10000の超小口出資セットにも出資しています。
これに関しては今のところ自己所有感が非常に乏しく、まだテンションが上がってきませんので(w、次回書いていこうと思います。

さしあたって当面、上記二頭にご一緒されてる方おられましたら、何卒よろしくお願いいたしますヽ(=´▽`=)ノ

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(1)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。