HBAトレーニングセール2017

本日HBAトレーニングセールが開催されました。
昨年の同セールでは、アイアンアタックの14(ビターレ)、チャランダの14(ディライトラッシュ)の2頭が落札され、いずれも7/1からの5次募集で募集されました。
今年も同様に、ここで落札された馬を含め最終の追加募集が行われるはずなので朝から生配信で見ておりましたが、途中で「なんとなく今年は落札しないような気がしてきた。。。」と思いだし、更にちょっと飽きてきた(w)ので、Netflixに切り替えて映画を見ていたところ直後に落札しておりましたwww

今年のノルマンディーファーム名義での落札馬は1頭。
・スイートクラフティの2015(牝 父:ダノンシャンティ 母父:Crafty Prospector 鹿毛)

スイートクラフティの2015

スイートクラフティの2015


キャンディソングの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

マル外の母スイートクラフティは25戦5勝、2着5回。
デビューは遅く、新馬戦の終わったあとの未勝利戦を岡部鞍上でデビューし2着、2戦目を柴田善臣で勝ち上がり、続く500万下も善臣鞍上で2着。
4戦目は橋本広喜(現・調教助手)に乗り替わり勝ち上がると、続く5戦目の1000万下もハナ差ながら連勝。
6戦目の準OPフリーウェイSでもハナ差2着。
そこからマイル路線に転じますが勝ちあぐね、降級後再び短距離に活路を見出すと1000万下を2勝し再度準OP入りしました。
全5勝のうち3勝がハナ差勝ちと、スピードに任せた積極的な先行策から直線ではなかなか抜かせない勝負根性の持ち主だった事がわかります。
距離適正ははっきりと1400以下と出ていたようですね。
馬主・シンボリ牧場で鞍上は岡部~柴田善~橋本という純正岡部ラインなところにノスタルジーを感じます^^

本馬は母17歳時の6番仔。
高齢の部類に入りますのでそこは気になるところですが、前年に休胎を入れた後ですし出産数も年齢の割には少ないので活力的には維持されてるのかなと思います。
兄姉はここまで全て中央でデビューしていますが、勝ち上がった仔はいません。
ダノンシャンティとの配合は初めてですが、同じフジキセキ産駒キンシャサノキセキの仔である兄のサプールコンゴが中央から地方に転属後、高知で5勝、その後大井に転籍し3勝の計8勝しており、その辺りに活路は見いだせそうです。
上場時の測尺は体高157cm 胸囲175cm 管囲19.5cm 馬体重436kgとやや小さめ。
馬体のバランスは良く、まだやや腰高なので、ここからの成長は見込めると思います。
公開調教では低いフォームから上々の走りで見どころはあったと思います。

落札価格は700万円(税込み756万円)。
この時期のセール落札馬は募集までの繋養期間が短く経費の上乗せはあまりありませんので、960万での募集、高くても1080万になると思います。
兄姉の成績やダノンシャンティとの相性などを加味すると判断は難しいところだと思いますが、馬体や走りだけをみるなら価格なりには期待できるのかなぁとは思っています。




他にはLEX名義で1頭落札、岡田スタッドでの上場主取が2頭。
この辺が加わってくるのかどうか。
更に昨年のサマーセールで落札したターフィーの2015が欠場していますが、さすがにこれは募集ナシでしょう。
まだセール落札馬で募集されてない仔もいますので、最終的には5~6頭で4次募集になるのかと思います。
今週末の調教見学ツアーである程度の情報はでるでしょうから、参加されるみなさまのレポートを楽しみにお待ちしております^^

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(8)
  • 役に立った(3)
  • 興味深い(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。