愛馬近況と明日のレース

今週もノルマンディーOC公式サイトにて所属馬の情報が更新されました。
今回からレイヴンキングも週一更新に変わり、月2更新を残すはラヴィブリランテと療養中のセルヴァだけになりました。


4歳馬


・ダイバージェント(2018.5.18 船橋競馬場:佐藤裕太厩舎 馬体重:ーーーkg)

「17日(木)に中間追い切りをおこない、4ハロン50.8、3ハロン38.0を計時。ここである程度の仕上げに持って行きたかったこともあり、強めに追って負荷を掛けました。動きの方もしっかりしていて中間追いとしては上々でしたし、脚元の方も引き続き小康状態を保っています。ここまでは至って順調。こちらの思惑通り、状態面は確実に上昇カーブを描いていますね。引き続き、第2回浦和開催(5/28~)での出走に向けて鋭意調整を進めていくつもりです」(佐藤裕太調教師)


結局来週の大井開催は登録もなく、完全に予定通りの浦和出走ということになりそうです。
同時期に南関に移籍したアーネストホープは2勝した後足踏み状態が続いています。
連続2着で賞金が積み上がり、勝ってなくてもクラスが上がって相手関係が苦しくなりつつあります。
ですので、やはり理想は一発ツモです。
佐藤師も当然それを見据えてしっかり固めていってくれてますので、しっかりと応えてほしいと思います。



3歳馬


・ロワセレスト(2018.5.18 NSR 馬体重:520kg)

「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2400m(17秒ペース)のメニューで調整中です。時間経過に応じて徐々にペースアップを図っていますが、脚元に関しては何ら問題ありません。硬さが若干あるものの、すぐにほぐれる程度。16日(水)に視察に訪れた尾形調教師にも、順調な回復ぶりを確認してもらいました。今週末から15-15の時計消化をおこなう予定で、帰厩に向けて更にピッチを上げていくつもりです。気持ちの面でもだいぶピリッとしてきたので、変わり身が見込めるのではないでしょうか」(担当者)


思いの外早く再始動が切れました。
ただ馬体重を見ても大分馬体は緩んでると思いますので、また絞り直す作業に少し時間がかかるかなと思います。
尾形師の使い方を見ると、すぐ帰厩したとしても東京開催は間に合うかどうか微妙なところ。
現実的には福島になると思いますが、個人的にはメンバーを見ながら函館の2600なんかを使ってみても面白いかなと思ってますがどうでしょう。



2歳馬


・レイヴンキング(2018.5.18 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:490kg)

現在は馬場2周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。
長距離輸送による疲れや熱発もなかったことから、15日(火)より騎乗を開始しています。
骨格的にかなり大きな馬ですが、北海道在厩時より馬体重が大幅に減っているため、細く映ります。
まずは環境に慣れてもらうことを重点にメニューを組んでいきますが、馬自身は落ち着いており、飼い葉も食べているので、現状のメニューで乗り進めながら体重を戻していくのに時間は要さないのではないかと思います。


早速運動開始しました。
輸送で大分馬体重は減りましたね。
というか、前回が一気に増えすぎてただけじゃないかという気もしますが^^;
しばらくは小野町の坂路でじっくり乗りこんで、下半身の強化に努めてもらいたいです。



・フェアリースキップ(2018.5.18 ノルマンディーファーム小野町 馬体重:427kg)

現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペースのメニューで調整しています。
坂路の本数を増やしてからも飼い葉食いが落ちることはなく、現在のメニューにしっかり対応。ジワジワではありますが、馬体重が増加傾向にあり、筋肉量も増えている印象を受けます。
欲を言えば、もう少し体を大きく見せるような筋肉の付き方になるのが理想ですが、到着時の華奢な感じの馬体から競走馬らしい体つきへと変わってきました。
調教で張り切りすぎる面があるので、体力的な疲れだけでなく、精神的に疲れが出るのではと心配していましたが、ここまでは乗りながら落ち着きが出てくるという理想的な流れできています。
このまま15秒ペースの追い切りを織り交ぜるメニューへと移行していければと思います。


今週は5kgも増えましたよヽ(=´▽`=)ノ
毎回色々心配されてるようですが、それをことごとく跳ね返してますね。
意外と早くデビューするんじゃないかという気がしてきました。



明日のレース


明日のレースは京都6Rオンファサイトが大外8枠12番、新潟12Rシュエットヌーベルが3枠5番となりました。
希望としてはオンファサイトは距離ロスなく正攻法のレースが出来る内目、シュエットは言うまでもなく大外と思ってましたから全くの逆になってしまいました。
なかなかうまくいかないもんですねぇ。。。

今週は2頭出しですし、オークスもあるので東スポではなく専門紙(優馬)で馬柱確認。

20180520 新潟12R シュエットヌーベル@優馬

20180520 新潟12R シュエットヌーベル@優馬



20180520 京都6R オンファサイト@優馬

20180520 京都6R オンファサイト@優馬



シュエットはもっと人気になると思ってましたが、メンバーが揃っているからか印もまばらで現時点では8番人気。
ただ紙上でも「ここに来て安定した走りで今回も大崩れはないだろう」と評されていました。
問題はデビュー戦の1枠1番に次いで内になる3枠5番。
ここまで4枠以内に入ったレースでは9着が最高で、間違いなく不安要素にはなります。
ここは3度目のコンビになる西田になんとかしてもらうしかないようです。

オンファサイトの京都6Rは思いの外混戦模様。
ラセットがもっと抜けるんじゃないかと思いましたが、新聞上の印もど被りにはならなそうな気配も。
西村くんにはなんとか最後の直線で良さげな馬と馬体を併せてほしいと思います。
そうなれば根性で食い下がれるとおもいますので。。。

明日はTVでの応援となりますが、現地観戦組のみなさま、是非応援よろしくおねがいします。m(_ _)m

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(4)
  • 役に立った(0)
  • 興味深い(0)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

 各自お持ちのSNSアカウントでコメントできます。
 匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
 (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
 また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。