オータムセール・その2

昨日で3日間のオータムセール終了しました。
結局昨日の3日目はノルマンディーF名義での落札はなし。
2日目に5頭落札し、計7頭の購入で終了しました。
2日目の落札馬です。



ポニョ(牝 父:フリオーソ 母父:ステイゴールド 黒鹿毛)

ポニョ

ポニョ


ミカーレの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

もちろん魚の子でもなければ(ベタすぎ)、見た目ポニョポニョしてるわけでもありません^^
母・トップキララは10戦未勝利。
調教ではいい動きをしていたようなので、気性的に本番に弱い子だったのかもしれません。
スウェプトオーヴァーボード産駒の初仔は未勝利ながら、2番仔のブラックホーク産駒は5戦目未勝利脱出後500万下で2着1回3着2回。
4番仔のマイネルラヴ産駒は新馬勝ち後4戦目の福島2歳Sで14番人気3着に好走しています。
本馬は本年が初年度産駒になるダートG1 5勝のフリオーソの産駒で母の7番仔になります。
3番仔のノボジャック産駒の兄・スピリットチャイムが中央未勝利から佐賀に移籍し8勝を挙げており現在も現役で走っています。
フリオーソ産駒はまだ残念ながら中央での勝ち馬は出ていませんが、南関や門別では既に何頭か勝ち上がっていて、中央でも小倉デビューのアッティーヴォが新馬戦2着~未勝利3着と勝ち上がりそうな気配を見せています。
アッティーヴォの2戦は芝での2着3着なので、この後のダート替わりに期待できそうです。
落札価格は378万円。
父・母、どちらの産駒の特性を見ても中央よりは地方で走らせたほうが良さそうな感じがしますが、4月生まれでまだ馬体も出来上がってないので、この後の成長次第といったところでしょうか。




ベラルーナ2015(牝 父:ルーラーシップ 母父:ディープインパクト 鹿毛)

ベラルーナ2015

ベラルーナ2015


ベラソヴラーノの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

もう数えるのめんどくさくなったので数えませんが、最近お得意のルーラーシップ産駒×ついにきましたディープ牝馬という字面的には即満口間違いなし産駒です。
母・ベラルーナ自身はデビューも遅く未勝利のまま引退・繁殖入り。
初仔サッチン(父・エンパイアメーカー)は今年デビューで現在2戦未勝利2戦とも4着しています。
前述の通り、血統表の字面を見ると「キンカメ」「エアグルーヴ」「ディープインパクト」等、これでもかというほどの名前が詰まった豪華配合になっており、若い母の仔でもあるので人気になるのは必至でしょう。
全くノルマンディーらしさはありませんが、間違いなく今後始まる「母優先」の目玉にしようという意図が見える仔ですので、この仔というよりは“この先”も見据えながら検討していくのが正しい方向なのかなと思います。
1209.6万円の落札ですので1800万円前後、一次募集での値付けを踏まえても2000万には届かない金額になると思いますし4月生まれにしては均整の取れた良い馬体に見えますので、この仔は余程のことがない限りラインナップされてくるだろうと思います。




レーヴドゲラン2015(牡 父:フレンチデピュティ 母父:リアルシャダイ 栗毛)

レーヴドゲラン2015

レーヴドゲラン2015


日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトJBISサーチの、_________に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。

前日のインマイラヴ2015と同様、この牝系もゲランへ繋がる牝系でこちらのほうが-メガミゲラン-モガミゲランと、より直系なイメージです。
2日続けてこの牝系の仔を落としてくるとは何か狙いがあるのか?と思いましたがこちらは牡馬でしたね^^;
本馬は11番仔、兄姉には特筆すべき仔も出ていません。
馬体はトモも発達していて非常によく見えますが、561.6万円の落札価格に見合うのかどうかというところではあります。
1100万前後での募集になるでしょうからね~
今後の成長次第ですが、現時点ではあまり興味は沸きません^^;




エスワンスペクター2015(牡 父:ゴールドアリュール 母父:シャンハイ 黒鹿毛)

エスワンスペクター2015

エスワンスペクター2015


ファントムメナスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

母のエスワンスペクターは佐賀で連勝後門別でエーデルワイス賞を勝ち3連勝。
その後連敗するも再び連勝し中央参戦、フィリーズレビューへ出走しています。
14戦5勝で繁殖入りし、本馬は7番仔にあたります。
2番仔のエスワンプリンスは佐賀を中心に37戦20勝。
中央でも大きなところを勝つ馬は出ていないものの、コンスタントに1000万クラスへ勝ち上がれる仔は出していて、父馬がスマートファルコンやエスポワールシチー、コパノリッキーといったダート強者をコンスタントに輩出しているゴールドアリュールに変わったことで、この仔の評価も高いものになったようです。
落札金額1080万円とそれなりに高額。
1600万円前後と中価格帯での募集になりそうですが、しなやかそうなトモなど馬体にも魅力が感じられ、5月生まれということを加味すれば十分検討に値する仔ではないかと思います。




クレバーユーミンの2015(牝 父:ブラックタイド 母父:キングカメハメハ 黒鹿毛)

クレバーユーミンの2015

クレバーユーミンの2015


ホウオウユーミンの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。

これまた最近お得意のブラックタイド産駒です。
ルーラーといいブラックタイドといい、ちょっと偏ってるんじゃないの?と思うところもありますが、裏を返せばそれだけ一貫して確固たる信念のもとに馬産の流れを見てるということなのかも知れませんね。
母・クレバーユーミンは地方で47戦6勝と非常にタフな馬。
本馬は2番仔になります。
一つだけ言えるのは、この仔の馬名総選挙はユーミンの曲名であふれることでしょう。
と思ったら、お兄さんの馬名は「サザンオールスター」。
もはや、ひねりすぎてて繋がりがわかりませんwww
そうなると、「ナカジマミユキ」辺りでも捻りが足りないと言われそうです。
ネタはさておき、ブラックタイド×キンカメ、母系にはミスプロのクロスにノーザンダンサーと血統字面的には非常に見るべきところはあるのですが、どうも母馬や兄馬の実態・方向性と噛み合わずピンとこないところはあります。
226.8万円と安価な落札価格ですので募集価格も1000万を切ってくるでしょうから、6月生まれで現状では出来上がっていない馬体の成長と実際の調教動画等を見ての判断になると思います。




今は消えてるようですが、公式サイトにも「一次募集」とハッキリ書かれていたので、サマーセールでの落札馬含めて全18頭中何頭の募集になるかはわかりませんが二次以降の募集は必ずあるでしょう。
ルーシーショーの15に替わる牝馬が出てきてくれれば良いなと思っております。
この手の記事は書くのは結構大変な割にあまり読まれていないんですがw、自分が出資検討する際の忘備録としては非常に役立っていて且つ勉強にもなるので、出来うる限り続けていければなぁと思っております^^

この記事はいかかでしたか?
  • ♥いいね!(19)
  • 役に立った(14)
  • 興味深い(3)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事へのコメント

  各SNSアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分の各プロフィールでコメントすることが出来ます。
  匿名でもメールアドレス入力でコメントできます。
  (アドレスはコメント投稿には表示されません。)
  また、コメント欄には画像を張ることも出来ます。